被害(-加害)構造論は、飯島伸子による水俣病被害地の調査、公害・労災・職業病年表の整理、公害・環境問題の社会史などの研究によって形成され、後に舩橋晴俊らとの新潟水俣病共同調査で加害過程へと視野が広がった。

しかし、その後、コモンズや歴史文化的環境問題をめぐる実証研究などは盛んになっているものの、4大理論に比肩するような理論形成はまだ現われていない。

環境社会学の理論としては、50年代の島崎らによる生活破壊論、その後の、被害(-加害)構造論、受益圏・受苦圏論、社会的ジレンマ論、生活環境主義が、4大理論ともいうべき存在になっている。

それは、環境社会学が実践の学として環境問題に積極的に関わっていこうという姿勢の表れということができる。

今日の環境社会学の特徴として、他の社会学領域ではあまり見られない政策科学志向が挙げられる。

日本では、米国における環境社会学の提唱の後、農村社会学や地域社会学の若手・中堅研究者を中心として、1980年代末以降、学としての環境社会学の制度化が進められ、1990年に環境社会学研究会が発足、1992年に環境社会学会に改組されている。

ダンラップは、従来の社会学が、人間中心主義的であり人間社会/自然環境の二分法に囚われている点を非難し、人間を生物種の一種と位置づけ、自然/社会の二分法を超える新たな社会学として「環境社会学」を構想したのである。

制度的学問分野としての「環境社会学」の提唱は、1970年代末に米国の農村社会学者ライリー・ダンラップによって行なわれた。

島崎稔らによる鉱毒問題と地域社会の変容に関する調査とそれにもとづく生活破壊論が先駆をなし、1960年代から70年代にかけて、農村社会学や地域社会学の分野で実証的研究成果が発表されていたのである。

日本では、以下に見る米国による環境社会学の宣言の20年以上前から、「環境社会学」と呼べるような研究が多数蓄積されていた。

具体的には、特定の環境問題を社会学的手法で分析するケースが多い。

環境社会学(かんきょうしゃかいがく、英: environmental sociology)は、自然的環境と人間社会との相互的関係について、その社会的側面に注目して、実証的、理論的に研究する社会学の一分野である。

環境破壊の元凶が人類文明である点から、極論として(大抵は例え話であるが)人類が存在しない方が地球の為になるだろうという見解もある。

問題の本質が国際的・面源的になるにつれ、環境運動は、環境問題の改善・解決を求めて改善策や代替案を提案していく運動に変容を遂げている

環境問題の改善・解決を求めて、展開される運動。 公害など、原因が特定でき、加害被害が中心の時代には、環境運動は責任追及・反対運動が中心であった。

環境運動とは、環境問題の改善・解決を求めて、展開される社会運動の総称。環境保護運動も環境運動の一分野に含まれる。

大気汚染はイギリスでは問題になり続けることになり、特に産業革命の期間の後や、1952年のロンドンスモッグと近年まで及んでいる。

その燃料はイギリスでは余りにも一般的で、海岸(seashore)から一輪荷車によって運ばれたために、この最古の名前を得ている。

ヨーロッパでは、イギリスのエドワード1世が、石炭による煙が問題になった後に、1272年にロンドンでの公布により石炭(sea-coal)の燃焼を禁止した。

それらは、特定の地方における大気汚染、水質汚染、土壌汚染、固形廃棄物(solid waste)の誤った取り扱い、 環境アセスメントに関係した。

Show more
mastodon.cloud

Generalistic and moderated instance.