より具体的には従来の水処理プロセスに加えて二重膜( 精密濾過および逆浸透による)および紫外線技術を使用して精製された処理済み廃水(下水)である。

排水処理と飲料水処理の両方を組み合わせた注目すべき例はシンガポールのNEWaterである。NEWaterはシンガポールで実践されている技術で、排水を飲料水に変換。

一部の廃水では異なる特殊な処理方法が必要になる場合があり、最も単純なレベルでは下水および大部分の廃水の処理は通常沈降によって液体から固体を分離することによって行われ、溶解した物質を次第に固形物、通常は生物学的フロックに変換し、次いでこれを沈降させることにより、純度が増加する流出流が生成される。[

廃水処理は、廃水または下水から大部分の汚染物質を除去し、自然環境への処理に適した廃水とスラッジ両方を生成するプロセスで、生物学的プロセスを廃水の処理に使用することができ、これらのプロセスは例えば曝気ラグーン、活性汚泥またはスローサンドフィルターを含み、効果的であるためには下水は適切なパイプとインフラによって処理場に運ばれなければならず、プロセス自体は規制と管理の対象でなければならない。

処理された水の最終使用は必要な品質監視技術を決定し、そして現地で利用可能な技術は一般に採用される自動化のレベルを決定する。

さらに多くの民間企業が特定の汚染物質の処理のために特許取得済みの技術的ソリューションを提供。水の自動化と排水処理は先進国では一般的で季節、規模、環境への影響による水源の水質は、資本コストと運用コストを左右する。

飲料水やその他の用途のための技術は十分に開発されており、一般的な設計が利用可能であり、そこから特定の水源水での予備試験のための処理プロセスを選択することができる。

洗浄して再使用することができる砂床を通過させることによって、または洗浄可能であり得る専用設計のフィルターを通過させることによって水から粒子を除去するための濾過

フロックに捕捉された浮遊固形物の除去である固形物分離のための沈殿

高分子電解質としても知られている凝固助剤 - 凝固を改善しそしてより強固なフロックを形成するため

少量の比較的マンガンが存在する場合の溶存鉄の除去のための予備塩素化と一緒の曝気

藻類防除のための予備塩素化と生物学的成長の阻止

多くの専有システムはまた、残留消毒剤および重金属イオンを除去すると主張。

水道水または他の用途のために家庭用資産に供給される水は、使用前に多くの場合インライン処理プロセスを使用してさらに処理することができ、そのような処理は軟水化またはイオン交換を含み得る。

世界保健機関(WHO)のガイドラインは、より良い地域標準が適応されていない場合に適用することを目的とした一般的基準で、より厳しい基準はヨーロッパ、アメリカそして他のほとんどの先進国に適用されている。飲料水の品質要件について世界中で続いている。

水質を確保するために取られる対策は水の処理だけでなく、処理後の水の運搬と分配にも関連し、それ故流通中に細菌学的汚染を殺すために処理済みの水中に残留消毒剤を保持することが一般的なやり方である。

汚染物質の除去に関与するプロセスには沈降やろ過などの物理的プロセスや消毒や凝固などの化学的プロセスおよび低速砂ろ過などの生物学的プロセスが含まれる。

飲料水処理の過程で除去される物質には浮遊固形物、バクテリア、藻類、ウイルス、真菌そして鉄やマンガンなどのミネラルが含まれる。

Show more
mastodon.cloud

Generalistic and moderated instance.