前に痛ゲートフラッグに関して賛否両論の意見を聞いたが、クラブ側が甘くなるには一定の条件があるようで。わかりやすく言うと、版権元クラブのスポンサーでかつ、そのスポンサーの利益を向上させる効果がある場合、甘くなると思われる。例とすると、「ガールズ・パンツァー」とホーリーホックのケース。確か版権元は制作会社や代理店にはないはず。となると、映像化しているバンダイビジュアルであるわけで、版権元に対して不利益でなければ、基準が甘くなる。著作権に関しても、ハードルを低下させて営業効果を向上させるというもの。現状、こういったケースは水戸の例以外に確認できていないが、コンテンツを活用したいプロスポーツクラブはこういう方法もアリではある。ただ、「神撃のバハムート」関連で鳥栖のサポーターがゲーフラを掲げた話は聞いたことがない。これでオーケーなら水戸の例が正論となるのかも。

Sign in to participate in the conversation
mastodon.cloud

Generalistic and moderated instance.
Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct!