Follow

それで樋口一葉「にごりえ」を読んだ。歌舞伎か狂言にありそうな話にも思えるが最後の方はやや強引な展開から4つの噂話という形で曖昧なままに閉じる。田岡嶺雲のいう同情の美学かも知れないが、一葉はもう少し激しいものを込めているような気もする

Sign in to participate in the conversation
mastodon.cloud

Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct! Thank you. Mastodon.cloud is maintained by Sujitech, LLC.