Follow

川本皓嗣や藤原マリ子の切字機能研究は句の形式論と意味論の混淆(これまで切字が分かりにくかった原因だ)を退け、西垣脩の《「や・かな・けり」は要するに古語であって…擬古文体としてこれを愛重することは勿論結構だが、それにとどまることの出来ない俳人は「内容上の切字」として「切れ」の問題と真剣にとりくみ…現代俳句をもっと自由に精妙に豊かなものにしていくべき》とする論は最もしっくり来たものの一つ。よってここまで藤田湘子に従い「や・かな・けり(+たり)」必須としてきた制約(初学のメソッドとしては悪くなかったと思うが)を緩めることにする

Sign in to participate in the conversation
mastodon.cloud

Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct! Thank you. Mastodon.cloud is maintained by Sujitech, LLC.