NYTimes、ロイターほかも続々バイデン当確。いずれもAZは未定のまま。逆にFoxが取り残されるという皮肉な結果

タイムラインが世界からの歓喜で溢れかえっている。副大統領のハリスを祝福する声も多い。最後はPAでのバイデンのリードが自動再集計の基準である0.5%を上回り、残る郡も民主党優勢地域であることで当確コールが判断された模様。Foxも少し遅れてコール。トランプの醜い悪足掻きが暫く続くと予想されるが、もう圧倒的な流れになっており、覆ることはないだろう

続けてNVも青。AZとGAがこのままなら選挙人獲得数は305になって事前世論調査に近い結果になるが、FLをはじめここまでの接戦は予想できていなかったというあたり、これから検証されることになる。ほかいろいろあるが、まぁとりあえず祝杯をあげて今日はここまで

残っていたAZとGAがバイデン、NCはトランプでコールされ(何と10日がかり)、最終は306-232。事前世論調査にほぼ近いとはいえ、FLやTX、特にラテン系の動向はつかみきれておらず、まだ問題があることを示した。トランプ側は訴訟連発など無駄な抵抗をしているが、勝算は限りなくゼロに近く、違う思惑があるのだろう。それが寄付金集め(個人流用)なのか2024に向けた布石なのかは不透明だが。家族内での意見違いという報道も、予防線というか観測気球というか、計算された感じがしなくもない

トランプが一旦退場して民主党政権になったら万事目出度しかといえばそう単純なはずもなく、旧民主党/リベラルのエリート主義的なベクトルが「忘れられた」という怨念を蓄積させ、それを巧みに焚き付けたのがトランプ(はじめとする近年の各国の状況)なのだから、いくらでも再燃する余地はある。バイデンは、予備選では引き算で決まったような形ではあったが、案外この状況には適任かもという声が増えている。「ディベートで自分を個人攻撃したカマラ・ハリスを副大統領候補に選んだ」こと、駄々をこねるトランプをことさら攻撃せず淡々と準備を進める姿勢、これらは確かに「村の長老のような」バイデンへの期待につながっている

記録のために書いておく。1日トランプの腹心バー司法長官が不正は確認されないと発言。11日連邦最高裁がテキサス州司法長官の訴え(4州での大統領選結果認定阻止を要求)を却下。14日米大統領選挙人投票でバイデンが11/3の結果通り306人の票を獲得、バー司法長官解任。15日態度を保留してきたマコネル上院院内総務がバイデンを祝福し1月6日の議会での確認・確定に共和党議員が異議申し立てをしないよう動き始めた。いずれも米時間

米ジョージア州決選投票で民主党が2議席獲得をほぼ確実にして、上院をコントロールできることに。もしかするととは思っていたものの、本当に実現するとは

しかし現職大統領が扇動した暴徒が南軍旗を持って議会に乱入するとは、トランプの滅茶苦茶も極まった感あり。ここまで至ったアメリカの劣化と分断はどうやって修復されるのか

Follow

トランプ支持者の米議会乱入という民主主義を揺るがす事件から1年経って、「暴徒」は現在でもあれは正しい主張を伝えるための行動であり大統領選挙は不正があったと信じている云々と各メディア報道。共和党と民主党の支持者で事件の評価も正反対という深刻な分裂ぶり。その考えを愚かと非難しても反発で溝は深まるばかりで、双方が相手の立場や背景への想像力を持って対話するしかないのだが、容易ではない。そしてその分断は日本も含む世界各地に広がる

Sign in to participate in the conversation
mastodon.cloud

Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct! Thank you. Mastodon.cloud is maintained by Sujitech, LLC.