魚類の分類ツリーはWikidataのP171(parent taxon)をたどればスムーズに生成できるかと思いきや、親が複数定義されていたり、研究の進展で違うツリーになっていたりで、結構苦労した。すごく深い階層もあればあっという間に属まで達してしまうものもあり、味わい深い

これは切りがないな…とはいえ、あと少しのところまで来た

Follow

やはりWikidtaのままではsuper/sub/infraが混乱したりしてよろしくないので、情報が確かそうなページを行き来しながら手作業で修正。最低限のところまではできたか

予想より遥かに手間取ったが、ようやく完成。これでFishPixに記述されている科名だけでなく、目や綱でも検索したり集約したりできる。subとかinfraとかいろいろあるが、どの科も必ず目と綱は経由することも確認できた。分類の奥深さを垣間見た週末であった

Sign in to participate in the conversation
mastodon.cloud

Generalistic and moderated instance.