手作業での確認はやはり限界なので、明日ツールを作って進める

Follow

2つの典拠を照合しようとして、ツールで生没年まで取得しているのだけれど、1年ずれていたり、一方で没年が漏れていたりと、かなりの部分で個別確認が必要で、恐ろしく手間がかかる

5000人近くの芸術家について、典拠間でこれとこれは同じ/異なるという同定作業。本当はそれぞれの活動内容や作品を吟味して検討すべきなのだけれど、そこを大幅に簡略化して大急ぎで進め、没年を機械的に比べる中で、時々あぁ数年前までは健在でご活躍だったんだなという思いがよぎり、メタデータの業を感じたりする。同定漏れよりも誤同定の方が罪深いので、できるだけ丁寧に確認はしたいところだが、全件チェックするわけにも行かず、悩ましい

Sign in to participate in the conversation
mastodon.cloud

Generalistic and moderated instance.