いやいや、そもそもimport実行時に怪しい動きをした後に落ちているっぽい。マジで何故なんだ...

Show thread

いや、原因が違うな。1行上の
import {
DocumentData,
FirestoreDataConverter,
QueryDocumentSnapshot,
SnapshotOptions,
serverTimestamp,
} from "firebase/firestore";
を実行した後だと、何をimportしても落ちる。謎。

Show thread

TypeScriptを使用し
import { initializeApp, cert, ServiceAccount } from "firebase-admin/app";
を行っているコードをVS Code上でデバッグ実行すると、この行実行時にアプリが落ちるという謎現象に悩まされている。

「上流工程を担当できるSEを募集!時間単価は最高で2,500円!リモート一切不可!」という業務委託案件を見つけてしまった。ドン引きしつつも企業サイトを見にいったら、まぁブラック臭がすごかったので納得。

「新サービスを立ち上げるのに開発メンバーを探しているけど、あなたを確保するとしたら報酬はいくら?」
というザックリした話を振られ、
「担当・作業内容と貴社の予算の兼ね合いとしか言えないので、詳しいお話を伺ってもよろしいですか。」
としか返せなかった。

大枠の契約書やNDA書類はこちらに事前確認依頼をしてくれたのに、個別契約書はこちらの発言を都合よく解釈したものを作成し一方的にサインを求めてくるのマジでやめてほしかったな。

外資系エージェントからIT Manager Roleという名の、技術がわかる顧客折衝ポジションの話が届いた。
フルタイム勤務必須だったので、それができない事情を説明しお断りしたところ、「彼らはあなたの経歴にとても興味を持っているんです!」とゴリ押してきた。いやいや、できないんだって。
そして英語力はIELTS Overall 5.0あれば問題無いと説明があったが、たかが5.0レベルで英語圏の人間相手に交渉や顧客折衝をできるとは思えない。

ここで「稼働可能日数が増えましたら、またご連絡ください。」と最後に付け加えてくるエージェントや企業が多いのも謎。お前ら、ブランクを気にしてのお断りちゃうんか。

Show thread

調子を崩してドクターストップが掛かり、その後、療養生活を送り回復したのはいいが、それのせいで複数エージェントや企業から「スキルや経歴は素晴らしいけど、ブランクのある人はちょっと...」と言われると、足を引きずって血反吐を吐いてでも無理に仕事をしていたほうが良かったみたいな気持ちになりますね。

言いたいことはわかるが、業務委託レベルの人間に企業理念への共感や同意を求めないでほしい。

慢性的な残業が発生している時点で、ワークライフバランスを保てると語らないでほしい。

まずは入門書を一冊やりきってみて、その上で自分に足りないものがハッキリしたら対象分野の本を買って読んだり試せばいいし、そうでなければメンターサービスを使って相談したらいい。
で、基礎ができたと思ったら、メンターサービスを利用し案出しを手伝ってもらって、何か自分でプロダクトやサービスっぽいものを作りこみ、それをポートフォリオとして職探しというか自分自身を売り込みに行けばいい。
多分、これが一番安上がりで良い方法なんじゃないだろうか。正直ここまでできない・やる気のないレベルなら、なおさら趣味レベルだと思うのでスクールに通うのはもったいない。

Show thread

プログラミングスクールのカリキュラム例を目にする機会があったので、それを見た上でぶっちゃける。
正直、あの内容を走破したところで実務に入れるかといったら無理だし、コース金額が50万円以上と考えるとボッタクリとしか思えない。これなら、プログラミングスクールが使っている言語の3,000~4,000円の入門書を購入し、深く考えず内容通りに手を動かした方が100分の1くらいの費用で済む。それくらい、コースと入門書の内容に大差が無い。
プログラミングスクール卒が書類選考で問答無用で落とされる傾向にあるのがよく理解できた。

これを機にPythonでコードを書く際の型ヒントの記述方法を勉強したし、VS Code上で静的チェックさせるようにしたので、なんかもういろいろとレベルアップしている。(自画自賛)
型ヒントの書き方、関数の引数および戻り値にプリミティブ型を記述する方法は知っていたけど、それ以外をまったく知らなかったので良い勉強になった。

ちょっとした思いつきから、いろいろと付随作業が増えてきてやることが増えている。だが楽しい。

思いついたことをやるためにデータが必要なので、日々蓄積するプログラムを作るで!
→AWS上に乗せて、無料枠内で日々処理をぶん回そう
→CHALICE?めっちゃ便利そうやんけ!Serverless Frameworkじゃなくてこっちを使うで!
→処理の実装および動作確認ができたで!でもLambdaに紐づくところ以外はCHALICEが対応してないな... どうしよ...
→せっかくやから、Terraformに入門してIaCおじさんになるで! ←今ココ

生活をするために仕事をしなければいけないんだけど、仕事をしたくない。というよりは、社会がクソすぎるので社会復帰したくない状態になってしまっている。

こんなことを書いている私は、療養中にAWS CLFの勉強を少しやりましたが、記憶力勝負に心が折れて離れました。

簡単な話、
1. 相手の要望に応えることができるということを目に見えてわかる形にしておく。
2. きちんと説明責任を果たす。
の2つさえ出来ていれば、実務未経験者でも十分案件に入れると思うんですけどね。なんか、ゴールを資格取得に設定したままズルズルといってしまった者たちの成れの果てみたいな気がしている。

AWSを使える (クソデカ主語) エンジニア界隈、自分と繋がりのあるエージェント曰く「資格を持っている人はたくさんいるけど、実務経験がある人が全然居ない。みんな、『資格をとってきたので実務経験を積ませてほしい。』と言っているが案件を取得できていない。」らしいので、いろいろと厳しそう。やはり、つよいのは実務経験のある者。
まぁ、自分が見てきたエンジニアの中で、SAA取得者でかつ実務経験があっても構造や設計、費用についての説明ができない上に、いろいろとインスタンスを立ち上げて放置したりなどで無駄にランニングコストを掛けるような人もいたので、ニャーン (無理やりなしめかた。)

Show older
mastodon.cloud

Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct! Thank you. Mastodon.cloud is maintained by Sujitech, LLC.