呼吸法は生活の中に溶け込み自然と毎日行っているようになることが大切である。

合気道で技の稽古を行うと、上達するに従い次第に動きの角がとれる。すると角がとれた四角、三角は円の理と同じになる。そこに「呼吸法」の吐く息の延びから得た感覚が加わると身体の動きが「緻密になり」身体の動きの線に「ノビ」と言われる「良い粘り」安定感が出るのである。

合気道稽古法の主は「気の流れ」と「鍛錬」「呼吸力」であり、技の要は入身と転換である。

合気道にとって特に重要なのは「技と呼吸法の一致」である。

稽古の重要点は、足捌きのような具体的な体の基礎錬磨と共に、呼吸法による調気にある。

求めるのは『心(潜在意識)の命ずるままに体が動く』ことであり、それは何の道であっても熟達者が到達するところ。そうなれるような法則を初めから身につけるのが合気道の稽古法である。

まず手順を覚えてだんだん角を取っていく。すると両足の間での体重の掛け替え、呼吸の伸びといった要素の中で、体の動きに「伸び」が出てくる。すると流れるような粘りが出て、相手と自分が一つになれる。一つになれば相手をどうしようという思念を起こす必要もなくなる。

我々が普段やっているのは『気の流れ』という訓練であって、武術で言う形ではない。
気の流れを止めてやることは鍛錬になっても、鍛錬はいくらやっても技にはならない。

世の中がどんどん進化し変化してゆき、どのような未知のことに遭遇しても、それを自在に処して行くのが「現代に活きる武道」であり、ここに合気道の真面目がある。

合気道は、丁寧に技を生む法則を身につけていくことが大事である。
法則というのは「気の流れ」と表現することもできる。
つまり基本の技を伸び伸び丁寧に稽古していると、基本の動きに生命が吹き込まれ(=気が入り)、活き活きとした線が生まれるようになる。

稽古をするにあたって注意することは、まず自分の心と体を、静かに自分自身で観察することができる態勢をつくりあげることである。そして感覚をよく統御・コントロールする能力を身につけることが大事である。それには悠々と伸び伸び基本の線を身につける稽古を行うことが必要である。

人に相手になってもらう時は、正確に、剃刀で紙を切るように、丁寧に線を身に付ける。何でもがむしゃらに稽古すればよいものではない。

執着を捨て、心も体も透明な状態になると、驚くような力の働きが出てくる。

安定打坐も、心の耳を澄まして入ることから、目付、触覚、運動感覚を澄まして入る方法をプラスして稽古していく。自分の動きと同化できるかをテストしていく。

身体をはっきりと動かすには、意識をはっきりさせる為クンバハカが必要。

合気道合気和会で最も重要な問題であり、すべての根本であるとする「気の錬磨」の行法は、日本武道の歴史に現れた先人の修行の過程を、如何にして近代社会において現代的方法を以て再現し、先人の体験を追って実際に体験し合気道稽古の基幹とするか、ということにある。

心と身体の使い方を研究することが合気の一番の基本である。

合気道の技は逞しい武術であると共に真・善・美を表す美しい優れた芸術でもある。

合気道は人間の心と体を最も有効に使う道理、いうなれば心身統一の根本原理を説いている。

自然の法則に心と身体が完全に一致した時、我々人間の生命は、この宇宙を動かす無限の力と一体となり驚嘆に値する偉大な力を発揮することが出来る。

Show older
mastodon.cloud

Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct! Thank you. Mastodon.cloud is maintained by Sujitech, LLC.