Show newer

なんかの実験で、どうでもいい特徴でクラスを2つに分けて議論させたら次第にものすごく激しく対立するようになった、って話もある。対立煽りに弱いタイプ。

twitterもサーバ重くなったときは鯨の絵が出てたよね(もっと前はロボットだとかネコとかそういうのいいから)

サクラ大戦3が好きなので。

「日本鯖」って、別に日本にあるわけじゃないよ? サーバはフランスにあるけど管理人が日本語OKと言ったりしてるサーバも入ってるね。

ika.moe の管理人(フランス、サーバはパリにあるんだって)にイカ娘語を教えてあげたりしていた。
ika.moe/about/more

mastodon.cloudとは別のサーバの話だけど、別に管理人は怒ってるわけでもなさそうだがフランス語だったりして「ここフランスのサーバだったのか!ごめんなさい、ほらみんな出て行け」みたいに勝手に"忖度” してる例もあるね。
管理人さんのトゥートをよく読むと「特に日本語をしゃべってもかまわないよ、私はよく理解できないだろうけど」みたいにのんびり構えていたりする。

別に、.cloudが「唯一の」フランス人向けサーバ、ということではないと思うよ。
instances.mastodon.xyz/
.frのサーバがたくさんある。他のドメインのもよく見るとサーバはフランスにあります、だったりする。
っていうか、1国1サーバだと思うのがもうズレてるっぽいよ。

まあmstdn.jpが中国語であふれる未来なんかもあり得るわけだ。

ああ、「ローカル」をフォロワーにだけ流すものと勘違いするひとがいるのかな?

これ、Federatedってことは鯖同士が連携して表示しているTLってことなんですよ。
で、Localの方はmastodon.cloudでTOOTされたものだけ表示している感じ。
どっちも公のTLなので流す発言は注意してね。
Localという単語は日本人の感覚とは違っているよ!

mstdnのトゥートtootって、ツイート「さえずり」よりも大きい「吠える」という意味らしいですが、ゾウのパオーンのような笛に近いやつらしく、犬が吠えるのはbark、遠吠えはhowl、猛獣のはroarらしいので「東へ吠えろ!西へ吠えろ!」はtootではなく、どっちかというとイントロの「ぱぽーぱ、ぺっぽー!」のほうが近いんじゃないか。

「日本サーバ」とか言うけれど、あまり関係ないんじゃないかな。どの言語でもOKというインスタンスなら。

「Twitterのときとは全くスピードが違う」ドヤーって感じですが、Twitterができた以降はwassrだろうがJaikuだろうが、片っ端からみんなして参加してたよ。その点はmastdonが特別というわけじゃない。

mastdonは、構造やできることの新しさに気づいて興奮して普及させたい層=アーリーアダプターから、新しいサービスの斬新さがわからずにとりあえずアカウント作ってみる層=インフルエンサーにバトンを渡すスピードがたった2日という異例の事象を作り上げた。Twitterはこれに2年ほどかかった。
ソースコードだけを移植可能にしておきつつ、Web、アプリ、その他ユーティリティ、寄付のアプローチ全てが揃ったエコシステムごとサービスで、クラウド周辺やインフラのコード化などの時代にも沿っているからこそ爆発的なユーザー獲得を可能にしている。Twitterのときとは全くスピードが違う。文字数も多い。

mastodon.cloud

Everyone is welcome as long as you follow our code of conduct! Thank you. Mastodon.cloud is maintained by Sujitech, LLC.